The World Wide Web Site, Hyogo Prefectural KOBE High School

兵庫県立神戸高等学校


学びのネットワーク/SSH成果の普及−資料公開−

〒657-0804
神戸市灘区城の下通
1丁目5番1号

  • Tel:
    078-861-0434
  • Fax:
    078-861-0436

選択中:[学校設定・総合学習]分野  神高ゼミ

カテゴリ
表示
右の
分類解除
サイエンス入門
記事11個
数理情報
記事16個
科学英語
記事6個
神高ゼミ
記事1個
科学倫理
記事5個

2017神高ゼミ(総合的な学習の時間)

 投稿者:サイト管理者  ||  分類:神高ゼミ  || 投稿日:2018-03-22  || 閲覧:251 回

研究開発の経緯・課題

2015年度のSSH中間評価において,普通科生徒への成果の普及に関して次の指摘を受けた。
【指摘事項】SSH事業の主対象である総合理学科生徒と自然科学研究会(部活動)生徒の育成は,たいへん効果的に行われているが,これら主対象以外の普通科生徒の育成をどうしているのか,つまり普通科生徒へSSHの成果をどのように普及するか。また,普通科の授業改善にSSHの成果を生かして欲しい。

 この指摘を受けて本校SSH事業の改善を図るべく,2016年度から次の取組を行った。
【改善・対応】 普通科での探究活動として,神高ゼミ「サイエンス探求」の実施
 2015年度までは,普通科における総合的な学習の時間は,「神高ゼミ」と称して,1学年1コマ,2学年1コマで実施していた。
1学年:地歴公民科の教員が神戸高校の歴史に学ぶ内容で実施。
2学年:国語・地歴公民・数学・体育・芸術・英語の各教科教員による12講座から,
    生徒は興味関心に応じて年間に3つの講座を学期ごとに選択し受講。
    資料の読解や実習などの主体的な活動を実施。
これを2016年度から,探究活動を実施するために1学年での1コマを2学年に回して,金曜日の午後2コマを連続して割り当てることにした。ただし,カリキュラム編成上の過渡期である2016度は2学年で1コマ(65分)であった。


今年度の実施方法・内容

2017年度から2コマ(130分)とし,期間構成として,4月~9月までを前期,10月~2月を後期とした。3月には全体発表会を行う。前期をコミュニケーション能力・読解力・文章力・論理的思考力などの養成やキャリア教育を行う。後期は15講座に分かれて探究活動を行うこととした。2学年普通科全クラスを同時展開で運用する。


資料

 ・年間計画,後期講座予定: 神ゼ年間計画2017.pdf 【42clicks】
 ・後期講座,教室割り当てと日程: 神ゼ後期講座2017.pdf 【54clicks】
 ・後期日程と研究の進め方: 神ゼ研究の進め方2017.pdf 【38clicks】
 ・個人計画書とグループ計画書: 神ゼ研究計画書2017.pdf 【31clicks】
 ・青少年科学館での校外学習要項: 科学館見学要項2017.pdf 【30clicks】
 ・探求活動を終えた時点での探求レポートの様式: 探究レポート.pdf 【28clicks】
 ・学習活動を終えた時点での自己評価表の様式: 学習活動自己評価表.pdf 【28clicks】
 ・研究発表会ポスター: ポスター.pdf 【86clicks】






サイト内の関連記事

ローカルな関連情報はありません


他サイトからの関連情報

外からの関連情報はありません


このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのサイトがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。


051769 (W:186 Y:037 T:002) Since 2011-06-19

All Rights Reserved, Copyright © 1997- Hyogo Prefectural KOBE High School